読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万葉集の日記

楽しく学んだことの忘備録

14.大原美術館展へ

f:id:sikihuukei:20120603081509j:plain

f:id:sikihuukei:20120603081500j:plain

f:id:sikihuukei:20120603081447j:plain

スキャン:2012年6月3日に図録とパンフレットより

万葉集関連を記載するブログとしているのですが、万葉集以外でも感激したことを記載することとしました。

今朝、6月3日は曇り空で肌寒い朝です。

義母のためストーブを一時焚きました。

5月31日から6月2日札幌へ。

6月1日に墓参りの後、臨時休校の孫(男の子:2015年小学5年生)と知事公館横の北海道立近代美術館へ。

北海道初の大原美術館展が、5月17日から7月8日の期間で近代美術館で開かれています。

孫は初めての美術館のようです。

2008年5月6~9日に倉敷・岡山へ旅行した時に、大原美術館や児島虎次郎記念館で鑑賞した懐かしい作品に会いました。

出品作品は80点ばかりですが、モネ、モディリアーニロダン棟方志功草間彌生などの作品を鑑賞しました。

ルノワールの「泉による女」は6月19日からの後期展示です。

モディリアーニのジャンヌ・エビュテルヌの肖像はよかったです。

モディリアーニ氏の作品は、名古屋市立美術館いや県立美術館でしたかで、またブリジストン美術館でも鑑賞しています。

モディリアーニ氏の作品は、何か惹かれる好きな作品です。

ほかにはもう一点あげるとする購入図録表紙の「睡れる幼きモデル」でしょうか。

毎年の開催は無理としても、数年後には大原美術館展を開催していただきたいですね。

孫との楽しい一日でした。

 

 

にほんブログ村 歴史ブログ 奈良・平安時代へ
にほんブログ村

15.躑躅(つつじ)

f:id:sikihuukei:20120603101743j:plain

f:id:sikihuukei:20120603101715j:plain

f:id:sikihuukei:20120603101636j:plain

撮影の日:平成二十四年六月三日

撮影の地:小樽の家の庭

花は、たぶん黒船躑躅

ッツジにはいろいろあって、サツキ、リュウキュウツツジ、ヨドガワツツジ、ミヤマキリシマそしてクロフネツツジなどです。

蝦夷躑躅、紫八染、山躑躅なども北海道の樹として図鑑に掲載されています。

躑躅だけの図鑑もあるのでしょう。

自信はないのですが、花が淡紅色で赤い斑点があること、北大植物園で撮ったクロフネツツジに似ていることだけから庭の躑躅を黒船躑躅としました。

そして、集中で六首、九首ないし十首詠まれているという。

手持ちの少ない本の中ですでに三説あり、集中何種詠まれているかわかりません。

ただ、九首説の本の数が多かった。

「で、何冊の本から?」

「・・・、七冊中三冊が九首、六首と十首がそれぞれ一冊、二冊が記載なしです。」

「七冊では少ないのでないの!」

「説の相違点は?」

「そんな難しいことを言わないでください。」

躑躅の花の美しさを詠んだものが多いようです。

ツツジの仲間は、種類が多く、歌に詠まれている場所や時期によって種類が変わるようです。

集中に詠まれている「つつじ」は、ツツジ類の総称と考えるのが妥当であろうという本があり、この考えに賛成です。

奈良大和路に咲く躑躅は、コバノミツバツツジヤマツツジレンゲツツジなどがあるようです。

当時の「つつじ」は、種類全体の総称で、分類は「赤色」もしくは「白色」といった分け方であったようです。

万葉集に詠まれているつつじが、庭にもきれいに咲いています。

たぶん黒船躑躅と思うのですが、自信がありません。

 

にほんブログ村 歴史ブログ 奈良・平安時代へ
にほんブログ村