万葉集の日記

楽しく学んだことの忘備録

261.巻三・352:若湯座王(わかゆゑのおほきみ)が歌一首

352番歌

訳文

「今頃は芦辺に鶴が鳴いて港風が冷たく吹いていることであろう。あの津乎(つお)の崎よ」

書き出し文

「芦辺(あしへ)には 鶴がね鳴きて 港風 寒く吹くらむ 」