読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万葉集の日記

楽しく学んだことの忘備録

63.万葉集に詠まれている花(13)みら(美良)再掲;くくみら(久君美良)

万葉時代 小樽の花 万葉集 万葉集の花

 9日に北海道コカ・コーラボトリング札幌工場(飲料:札幌市清田区)を孫と見学して、昨日10日に札幌から帰ってきました。

庭の額紫陽花に蜂などの昆虫が頻繁に訪れていました。

今が花の盛りでしょうか。

装飾花がまだ色褪せない前の花に惹かれますが、蜂などは五弁花の紫が濃くなった時期の花を訪れるようです。

蜂など虫たちが訪れるころが花の盛りなのでしょう。

今朝(2013年8月11日)撮った庭の額紫陽花と韮の花です。

韮(茎韮)は額紫陽花の紫を背景に咲いています。

万葉集に詠まれている花(4)として一度記載しています。 

f:id:sikihuukei:20130811155901j:plain

f:id:sikihuukei:20130811155729j:plain

f:id:sikihuukei:20130811155608j:plain

f:id:sikihuukei:20130811155332j:plain

f:id:sikihuukei:20130811155009j:plain

f:id:sikihuukei:20130811152727j:plain

 f:id:sikihuukei:20130811153840j:plain

f:id:sikihuukei:20130811153415j:plain

 

 以下再掲:画像は省略(お時間ありましたら左の最新記事から見てください)

撮影の地:小樽の庭

撮影の日:平成二十四年八月十七日

万葉植物名:みら(美良)、現代名:ニラ(韮)、ユリ科、花期:八~九月

庭にだいぶ前から咲いていたのです。

集中に一首あるのですが、どうも畑の作物として見ていて、撮影の対象としていないことを反省しています。

胡瓜や馬鈴薯の花と同じで、よく見ると可愛いです。

一人静かより美しいです。

「伎波都久(きはつく)の岡のくくみら我摘めど 籠(こ)にもたなふ背なと摘まさね」作者未詳(巻十四・三四四四)

歌意は、「伎波都久の岡のくくみらは、私が摘んでも、籠に満たないです。それならあの人といっしょに摘みなさい」。

雑歌に収められていて、東歌です。

茨城県真壁郡あたりで詠まれたらしいです。

原文では「久君美良(くくみら)」とあるとのこと。

茎の上に白い六弁の花が集まって咲き(密生花)、茎の中の粘液に薬効があり大切にされたようです。

背は女性が親愛なる夫や兄弟を呼ぶ語です。

古事記の歌にある賀美良(かみら)は、韮のことで、古くから野菜のうちでも重要な位置を占めていたようです。 

にほんブログ村 歴史ブログ 奈良・平安時代へ
にほんブログ村