読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万葉集の日記

楽しく学んだことの忘備録

11.ブログ名を「万葉の覚え書」に変更:追記有

f:id:sikihuukei:20120527032738j:plain

f:id:sikihuukei:20120527032723j:plain

f:id:sikihuukei:20120527032708j:plain

 

花と風景の日記というブログ名を「万葉の覚え書」に変更しました。

風景の日記というブログを書いていますので、花や風景は主にそちらで書くようにしました。

このブログでは楽しく学んだ万葉集にかかわることを書き留めることにしました。

北山氏の本もすべて読み終わってはいないのですが、万葉集の辞典のような感じで興味のあるところを読んでいます。

たとえば、壬申の乱などです。

「第五章 壬申の内乱は叙情詩をうんだか」です。

たとえば、学会ではあることについて、いろいろな立場から意見を出し合って、論議され、論文も書かれていることでしょう。

万葉集に関する学会は、正直どのようなものがあるかわからいです。

でも、万葉集を学ぶことは楽しいです。

あることのいろいろな説や考えをすべて記載することは、趣味で楽しんでいるものには無理です。

なるべく、複数の本を読んで覚書としようと思います。

ブログに書いたことのもととなる本をなるべく記載していく考えです。

ただ、読んだ本やその内容を忘れることがあるのです。

私のホームペイジ「BIVALVES」に万葉集の貝と北海道に咲く万葉集の花の部屋があります。

万葉集の貝の部屋の本棚に読んだ本を忘れないように並べています。

万葉集に関する本は、非常に多く、そのほんの一部を興味のまま読んだものを並べています。

こんな面白い本があるよと教えていただければ、嬉しいです。

できれば、文庫本か新書がありがたいです。

また、変更前の花や風景の記事はそのままブログにとどめます。

で、ブログ名を「万葉の覚え書」としました。

ホームペイジとブログの宣伝、そして、ブログ名変更の言い訳となりました。

追記:平成二十四年五月三十日

再度ブログ名を変えました。

万葉集の日記」にです。 

 

にほんブログ村 歴史ブログ 奈良・平安時代へ
にほんブログ村